出資者

株式会社の出資者(株主)

■ 株式会社での出資者は「株主」になます。
※会社設立時最初の出資者=株主が発起人となります。

■ 出資者(株主)は、定款には名前が記載されますが、履歴事項証明書(登記簿謄本)には名前が出ません。
※株式会社の出資者(株主)には、法人・個人も可能、未成年や外国人であっても可能。

■ 出資額に関しては制限はありません
※他にも出資者がいる場合は注意が必要です。

■ 配当や議決権は出資比率によりますので、あなたの出資額は総資本の1/2以上で、2/3以上の出資が良いでしょう。

■ 定款認証時に、出資者全員の印鑑証明書(3ヶ月以内発行のもの)が必要になります。

合同会社の出資者(有限責任社員)

■ 合同会社の場合、出資者は「社員(有限責任社員)」と呼びます。
※社員とは・・・従業員としての意味・立場ではなく、合同会社に出資した者のことを指す法律用語です。

■ 合同会社の場合、原則として社員(出資者)=役員とります。
※業務上の役員とはならず、実質出資者としての立場だけに就くことも出来ます。

■ 有限責任社員は、定款には名前が記載されますが、履歴事項証明書(登記簿謄本)には名前が出てきません。

尚、法人も合同会社の出資者(社員)になれます。

 


《 関連記事一覧 》

Copyright(c) 2010 電子定款・株式会社設立・合同会社設立専門サイト All Rights Reserved.